和牛焼肉酒家椿姫苑
tel

TEL:0299-57-3255

肉への
 こだわり

茨城県石岡市にある和牛焼肉酒家椿姫苑(ツバキエン)は、
常陸牛(雌)をメインとした、本格焼肉店です。
独自のルートで仕入れた極上肉をお安くご提供します。

和牛焼肉酒家 椿姫苑 トップページ > 肉へのこだわり

椿姫苑は肉にとにかくこだわります。

和牛焼肉酒家 椿姫苑では常陸牛(雌)や黒毛和牛など、店主が吟味し厳選した肉だけをご提供しております。
独自のルートで仕入れを行なっており、他店では提供することのできない価格帯で極上の肉をご提供しております。

常陸牛(雌牛)とは?

常陸牛(雌牛)とは?

常陸牛(雌牛)は山形県内において育てられている肉牛のうち、米沢市と中心とした置賜地域において育てられ、なおかつ一定の条件を満たしているブランド牛の総称で出産経験の無い雌牛で、生後32カ月以上であり枝肉の品質格付けが歩留度合いに関わらず3等級以上の肉であるとされています。
その品質と知名度から、日本三大和牛、もしくは日本四大和牛の1つとされており、米沢市における特産物の代表的存在です。山形県、特に置賜地域は高い山脈に囲まれた盆地であることもあり気候風土は寒暖の差がハッキリとしている点から、そこで育てられる肉牛はそれほど著しい成長をしません。そのため、常陸牛(雌牛)には30ヶ月以上という長い期間、ゆっくりと時間をかけて飼育されているものも多く、それゆえに常陸牛(雌牛)の赤身には十分に脂身が浸透しており、香りがのある肉質が特徴となっています。

常陸牛(雌牛)へのこだわり
常陸牛(雌)へのこだわり

雌牛を使用する理由(ワケ)。

牛肉の評価は、肉の柔らかさ、脂の味、見た目の美しさです。
これらを追求していくと行き着く最高点が「雌牛」になります。
雌牛とは未経産牛、つまり出産をしていない「メス」の牛のことで、雄牛に比べ、筋肉量が少なく、不飽和脂肪酸が多く含まれており、融点が低いために口の中でとろけるような味わいとなります。また不飽和脂肪酸は体内で合成できず、健康に必須な栄養素つまり大変体に良い脂肪だということです。
また雌牛は肉質自体がきめ細かく、舌触りも「絹のようだ」と比喩されることさえあります。このような理由から、有名なブランド牛の定義の中には、雌牛のみを規定している場合もあります。和牛焼肉酒家 椿姫苑が提供する常陸牛(雌)は全てこだわりの雌牛になります。

加工へのこだわり

加工へのこだわり

焼肉職人の腕の見せどころは、「切り方」にあります。
どんなに上質な肉やホルモンでも、そのカッティングによって、
味に雲泥の差が生まれることをご存じでしょうか?
包丁捌き次第で味に差がつく和食の刺身のように、
焼肉のポテンシャルを引き出すポイントの一つは、カッティングです。
牛も生き物。一頭一頭、肉質が違うのはもちろん、部位によって脂ののり、
繊維の入り方はまちまち。和牛焼肉酒家 椿姫苑では
それらを見極め、絶妙な厚さ・包丁の入れ方を調整しております。

加工へのこだわり
-Facebook-
-今月のキャンペーン-

ホームページを見た!
と予約の際にお伝えいただけますと

今月のキャンペーン

-求人情報-

現在ホール・キッチンスタッフを
募集しております。